JUGEMテーマ:お風呂
 
こんにちは、オカケンです。

ミニログを建てよう、今週は水とガス周りの

工事を行いました。

写真は雑排水を集合升へ通す配管です。

玄関前のコンクリートをカットして掘り

返したので、後日コンクリートを打ち直します。

(仕事が増えたなぁ)
ミニログを建てよう

来週には、世界に数十台しか製造されていない

コーヒー好きな職人さんが作った、こだわりの

コーヒー豆焙煎機が到着します。

(焙煎機は後日、紹介いたしますね。)

今週は焙煎機専用に裏手に物置を設置するため

ブロック基礎工事を平行して行いました。

ほとんど、地面とコンクリートとの格闘です。

重量ブロック25個
川砂100kg
砂利160kg

資材を運び上げるだけで、く~たくた。

その疲れた体に効くのがこれ

(いきなりの銭湯ネタ)

http://www.enjoytokyo.jp/life/spot/l_00023808/


内風呂より銭湯が気持ぃー 

コーヒー牛乳をぐぃ!

ふぅ~ 

ほんと、命の洗濯ですねぇー

町田市内の銭湯も残り5軒だけだそうです。。。

スーパー銭湯も良いですが、昔ながらの銭湯。。。。

いつものおばちゃんの笑顔^^)

頑張ってほしいな!

さて、明日は基礎を仕上げますか!



えーと、看板は?(店長、無言 ^^;)


つづく
JUGEMテーマ:ガーデンデザイン

こんにちは、オカケンです。

破風板板金も設計通りに納まり、屋根飾りを付けました。

数日前の記事でこれなんでしょう?

の クリックで挿入 が、ここに付きました ↓↓↓ (^o^)P
ミニログを建てよう

破風板(屋根稜線の白い部分)は金物屋でミニログに

合うように折り曲げ加工して頂きました。

大まかですが、板金は一曲げ500円位が相場だそうです。

今回は4曲×4本で8000円でした。

これで、浸水の不安がなくなった・・・ 

っと・・・ 思っていたのですがぁ・・・ 

昨日は土木工事をしていて気づきませんでしたが、

一昨日の嵐で床下浸水していました

ミニログを建てよう
調湿材の色が変わっているところは水を吸った部分

調べてみると、写真中央の通気口上部の隙間から浸水

した様です。確かに、基礎ブロックと大引き(土台)の

間には僅かな隙間がありました。

壁をつたって浸水したんですね。 

水は怖〜いですね。

土台とブロックを板金で覆う事を考えましたが、

先ずはコ―キングで隙間を塞いでみる事にします。



明日、やっと水道屋さんが来てくれます。

ミニログを建てよう! 再開です。 

つづく。


こんにちは、オカケンです。

ミニログ建設を中断して・・・・・

収納スペースが足りないので物置小屋を建てる事にしました。

といっても、1坪半ほどのプレハブです。 置き石で済ませようと思いましたが

せっかくプロの仕事を観察したので、簡易基礎を施してみます。

水平出しして水糸を引き、掘削、砂利敷きをしました。

・・・計算間違えて、中粒砂利を買いすぎた。160キロ!

60キロは余りそう。。。 まっいいか・・・

物置小屋

明日はコンクリートを打ちます。


こんにちは、オカケンです。

ミニログを建てようは、水道屋さんの工事待ちで大きな進展がありません。

その間に看板作りを始めました。

当初は看板屋さんへ依頼しようかと思っていたのですが、

店長がトールペイントマスターであることをスッカリ忘れてました。

どーせなら、看板もセルフメイクということで、早速!

カインズホームで厚手の白木板を購入、シーラーで下塗りした後

ベースカラーをペイント。

イラストレータで作成した原画を実寸大でA4カット印刷。

これを張り合わせて原稿ができました。

この原稿からトレースして看板板に写しこんでいきます。

ここからの作業は。。。。。。私には無理っ!

  店長! お願いしま〜す。

トールペイント

続きは、完成したらアップしますね。



今日はもう一つペイントしました。

これです。 明日ミニログに取り付けます。。。。 

さて、何でしょう?
ミニログを建てよう

つづく
JUGEMテーマ:ガーデンデザイン
 
こんにちは、オカケンです。

ミニログハウスのセルフビルドですが、今週は長野行ったり、その他の用事で作業が滞ってましたが週末に前進しました。



■11月26日(金)・・・土間仕上げ

先日、ブルーシートを敷いた土間に床下調室材を1儻位で平らに敷き詰めます。

湿気や嫌なニオイ、カビや害虫を予防します。

床下に十分高さがあり、通気口も四方に採ってあるので、ここまで気を遣わなくてもと思ったのですが・・・

香り商売  
なので^^)P

材料もそれほど高いものでは無かったので敷いてみる事にしました。

50キロ買ってきたのですが、ちょっと足りないかな。
ミニログを建てよう

そして、底冷えのする土地なので保温効果を期待して断熱材を入れる事に!

ウール材の方が暖かそうなのですが、ネズミが巣を作る事があると聞いてプラスチック系にしました。本当かなぁ?
ミニログを建てよう


■11月27日(土)・・・床作業 その1

土間が終って、床に合板で下張をします。

キットでは床板を直接根太木に張る仕様のため、合板は含まれません。

ホームセンターで調達してきました。

やっと、部屋らしくなってきましたね。作業がしやすくなりました。
ミニログを建てよう


■11月28日()・・・床作業 その2

昨日敷いた下張の上に幅9僂両家弔魃凸に合わせ納めていきます。
ミニログを建てよう
ミニログを建てよう
ミニログを建てよう

半分ちょっと、張ったところで中断。

後日、水道工事が入るので、作業し易い様に床は開けておきます。

さらに、天井部に廻り縁を留め野地板とログの隙間を埋めます。

本日最後にドア枠と窓枠を下げ振りで垂直出しを行いログに枠を65mmビスで固定。

さっそく、ドア・窓を納めてみました。 ピッタンコカンカン! です。

良くできたキットですね。
ミニログを建てよう

外観は・・・・

うむうむ、感じが出てきましたね。

ワインブラウンの壁に白の建具が映えます。

ミニログを建てよう

今週の作業はここまで、もう一息です!

明日は破風板(屋根の稜線部分)の板金が出来上がってくる予定です。


あー、忘れてた。 看板考えなきゃ! 〜〜);

つづく・・・

こんにちは、オカケンです。


ミニログハウスのセルフビルドをレポート中です。

■11月22日(月)・・・屋根普請の残り

午後から雨予報だったので、慌てて屋根てっぺんのシングル(屋根材)張りを行いました。

予報より早く、雨が降ってきてしまい作業中止! うーん。進まないなぁ〜



■11月23日(火)・・・勝手口

10平米に満たない小さな小さな小屋なので、少しでも広く使いたいということで

ログ後ろ側にも勝手口となる窓サッシを取り付ける事に・・・

さすがにこの作業は棟梁に頼み、施工して頂きました。

ミニログを建てよう

さっすが、プロ仕事。手際良く、完璧なお仕事でした。

ミニログを建てよう

明る〜い、広ぉーーく感じます。

これで焙煎小屋や事務所への出入りもスムーズです。

ゴールが見えてきた感じです。

そろそろ、看板考えなければ・・・・

明日は長野へ「珈琲屋さんのこだわりジュース」を作りに行ってきます。

つづく

こんにちは、オカケンです。

自家焙煎のコーヒー豆と紅茶葉、雑貨などを販売する店舗を建てようと始めたセルフビルド、計画ではミニログではなく、在来建築を大工さんに建ててもらうつもりでした・・・

ところが予算オーバー(泣)

プレハブはイメージではないし。。。

ネットで探しまわって、今回のミニログに決めました。

奈良県まで施工済みのログハウスを見に行ったり、インポーターの社長さんともお会いして親切に教えて頂き、これならやれそうだ!っと思ったんですね。

いつかは丸太小屋を建てたいなんて夢もあったりするので、今回のミニログがイメージにぴったり。。。

それでも、大工さんに建ててもらうつもりだったのですが・・・棟梁も忙しく(泣)。。。

事業計画もあるので先延ばしにもできないし・・・

。。。ここは、自分で作っちゃるって。。。後先考えずに始めたセルフビルド。。。

ミニログとはいえ一人で建てるのは大変です。(本当に・・・本当に・・・)

さて、その建築の進み具合ですが・・・・

前回は屋根の野地板と土間まで進みました。今週は屋根材を張り上げます。


■11月15日(月)・・・根太木

雨予報もしっかり当り、屋根作業は後回しにして床作業をおこないました。

45×95mmのしっかりした、根太(ねだ)木を採寸して、等間隔に施工。

一部、点検口用に間口を広げました。

根太木は防腐防蟻加工済み材を使用します。

保温材も根太木幅に合わせてカット!
ミニログを建てよう


■11月16日(火)・・・焙煎修行

セルフビルドはお休みです。

毎週、シニアマイスターに焙煎機をお借りして稽古をしています。

この日は、ペルー・ノルテ農園、コロンビア・ゴメス農園、ケニア・ムナニ を焼いてきました。

どれも、私の好きなお豆さんです。

ヒルズ珈房のコーヒーは産地、農園指定で生豆を仕入れ、一粒一粒手選別したあと、世界で数十台しか製造されていない、特別な焙煎機で丁寧にじっくり時間をかけて焼き上げています。

芯までしっかり火が通ったお豆さんだから、渋い!とか、酸っぱい!なんてのはありえないんです。

早く、Kaffa Shack をコーヒーの香りで満たしたいですね〜



■11月17日(水)・・・壁下塗りと屋根作業

三日間、妻が休みをとり手伝いに入ってくれました。

持ち場は壁塗りです。トールペイントが趣味の妻はいつもは小さな木片に塗っているわけですが、今回は大木に塗るということで、楽しんでペイントしていました。

まずはシーラーでログを馴染ませます。

木はペンキを吸い込むので下塗りしないと、ペンキがいくらあっても足りませんし、ムラができてしまうので、ここはしっかりシーラーを塗ります。
ミニログを建てよう

私は、屋根普請です。

軒先は野地板に墨出しを行い、丸ノコで揃えます。

ミニログを建てよう

揃えた軒に水切り板を張ります。

これで雨は内側に伝わらないで地面へ落ちるわけですね。

ミニログを建てよう

そのほか、破風板の施工など、丸ノコ使ってこまごまとした作業を行い。

屋根材を張る準備をしました。



■11月18日(木)・・・屋根下葺き材

屋根にアスファルトルーフィング(写真の青いシート)を張ります。

本当は雨仕舞はプロに頼みたかったのですが。。。忙しいらしく。。。

しょうがない、これも自分でやります。

22kg/巻を使います、これが結構重いんです。

腰が弱ってきているので、サポータを巻いてヨッコラセ!!。

シートはタッカー(ホッチキスのお化け)で留めていきます。

このタッカー作業は楽しいです。ハンマーみたいになっていて、叩くだけで針を打ち込みます。

トン・トン・トンとリズミカルに作業が進んでいきました。
ミニログを建てよう

妻は本塗りに着手。

色は ワインブラウン

・・・・妻も私もひと目でこの色が気に入りました。

後で気づいたのですが、ケーキ屋さんの○○○レーゼが最近イメチェンしましたが、あれと色が似ているかも・・・・ まっ、いっか。

写真では、側面なので分かりにくいですね。。。
ミニログを建てよう



■11月19日(金)・・・屋根普請3日目

屋根材のシングルは140枚、留めるネイルは840本。。。。。

実はこの作業は正直なめてました。。。。作業見積もりは1日・・・

とーんでもなく大変です。今日一日やってやっとここまで。。。

こ・こ・腰に来たぁー
ミニログを建てよう

夜は同期会で都心に出るので、今日はここまで!



■11月20日(土)・・・屋根普請4日目

今日こそ完成させるぞ!と、気合い入れて作業に・・・

定期試験が終わった、息子達も加勢してなんとか日没前に終りました。
もうヨレヨレです--);
ミニログを建てよう

ミニログを建てよう

まだ、最後の水仕舞いができていませんが。。。

ちょっとくらいの雨なら、これで大丈夫でしょう。

いやー、よくやったなぁ〜

ミニログ最大の難所はクリアーした・・・っと思います。

明日の作業はなし!  軽井沢ーへ行ってきまーす。

つづく
 
こんにちは、オカケンです。

慣れない作業を続けたからでしょうか、すこしフラフラするので日曜日は休息日としました。

といっても、溜まっているデスクワークを片付けてたので休日にはなりませんでしたが・・・

そういえば、9月に入ってから、休みらしい休みはゼロですねぇー。どこかでメリハリをつけなければなりませんが。。。そうも言ってられないので、ついつい。。。(><);


■11月13日(土)・・・野地板張り

週末なので、前職の上司(社長)さんが、K君(息子さん)を連れて手伝いに来てくれました。

破風板を一人で上げるの大変なんですよ!助かりました。

おかげさまで、予定通り野地板が完成です。
ミニログを建てよう

K君も壁のヤスリかけを一生懸命に手伝ってくれました。

ログ壁はケバケバしている部分があるので、ペンキのノリを良くするため全体にヤスリをかけます。
ミニログを建てよう
K君、ありがとう!

翌日が雨予報でしたので、野地板しかない屋根にブルーシートを張りました。
ミニログを建てよう
結構な雨だったので、養生しておいて正解!


■11月14日(月)・・・土間整地と防腐防蟻処理

予報通り午後から雨でした。屋根は上がれないので、土間作業に変更です。

北斜面で湿度が高く底冷えのする立地なので、床下まわりは念入りに処理します。

コンクリートを流したいところですが、すこしでも節約したいので、シート+調湿剤(防湿、脱臭、防虫効果があります)で施工します。これでコストは10分の一です!!

まず、土間を平らに均します。
ミニログを建てよう

次に、ブルーシートを隙間なく敷き詰めます。
ミニログを建てよう

根太(ねだ:床板の下に渡し床を支える横木)を施したら、調湿剤を敷き詰めます。

作業していたら、雨足が強くなってきました。

根太を入れる前に、ファーストログ(1段目のログ)に防腐防虫塗料を塗ります。

土台は保存処理剤を使っていますが、ログの一番下にも念のため薬剤を塗りこみます。

お隣さんの白蟻話しを聞いて、念には念です^^)P
ミニログを建てよう


今日はここまで。

明日は午前中に根太木を敷いて、午後は焙煎です。 つづく。


こんにちは、オカケンです。

ミニログ造りの続きです。只今、進捗率・・・30%というところでしょうか。

一昨日のボルト問題がやっと解決して作業続行です。


■11月11日・・・ログ壁緊結と破風板(はふいた)張り

キットで長さの足りなかった通しボルト(ログハウスの四隅を縛る2m超のボルト)。

余りのボルトから継ぎ足し用に20センチほどサンダーで切断、ナットが入るように面取りして高ナットで繋ぎます。
ミニログ造り

さらに、高ナットの分太くなるので、ボルトが通し穴を通らないので、ロングドリルで穴を拡張!
ミニログ造り

やっと納まりました。
ミニログ造り

ボルトの欠落防止にナットの頭を潰しておきます。(念のため)
ミニログ造り

最後にログを締めあげます。あまり強く締めると、ログが負けてしまうので適当に!

私は締めすぎて、トップログにヒビを入れてしまいました(泣)

大勢には影響なさそうですが・・・
ミニログ造り
こんな感じです。ログが痩せてくると、これを締めあげるようです。

しかし、写真を撮ると改めてプロの仕事に惚れ惚れですね。

基礎・土台がドンピシャ!

破風板(はふいた)の取り付け。破風板はログへの雨の吹き込みを防ぐ、建築物にとって重要な役割を持っています。地味ですがここはキッチリ納めたい。

高所で作業が辛い場所、一人仕事なので苦労して、なんとか納めました。 いい感じです。
ミニログ造り


■11月12日・・・野路板張り
きょうは午後に所用があり作業できないので、午前中の作業となりました。

なんとか屋根部に取り付いて、野路板張りに着手。

野路板は屋根材の下地材なので通常の建物なら見えない部分でもあり、安い部材を使います。キットの野路板も節穴があったり、反りかえっていたり、笑っちゃうます。。。

今回のミニログは天井を張らないので、節穴がそのまま見えてしまいます。まぁ、これも味があるのですが・・・
ミニログ造り

今日はここまで。

明日は野路板を完成させるぞー。 つづく。


こんにちは、オカケンです。

ミニログ造りの続きです。

昨日ファーストログ(一番目の壁板)を土台に固定しました。今日から、どんどん積んでいきます。


■11月7日・・・建具
ドアや窓の建具はある程度ログ壁を積んだら、枠の状態で上から差し込んで納めます。

建具は屋根の重みで絞まりますので、その後精度を出しますが、この段階で垂直を出しておいた方が最後がミリ調整で済みますので、下げ振り(赤い重り)で調整します。
ミニログ造りミニログ造り

建具は5ミリ傾いていると、ドアが枠に擦れて開閉できなくなるので、気を使う重要な作業となります。


■11月8日・・・ログ壁完成
コツコツと単調な作業になりますが、一段づつ垂直・平行出しを気をつけながら、ログ壁を積み上げていきます。

木材は長旅で反りがでているものもあり、隙間ができないよう120mmビスで下のログへ押さえていきます。(ログは木筋に正向きに弱いので割れない様に、ビスの下穴を開け、ビス打ちします。)

このあたりから、作業効率がグンと落ちました。

なぜなら、ログ壁が身長の高さとなり足場が必要となるので、一段毎に脚立を移動しては上り下りするため時間がかかりますし、かなりの重労働です。

二人ならもっと効率の良い作業ができるのでしょうが・・・ 腰痛持ちなので、この作業を想定して夏ごろからジム通いを始め筋肉をつけてきました。その甲斐もあってか、なんとか作業が続けられているようです。


■11月9日・・・問題発生!
この日は焙煎修行日なので作業はお休み。。。

今後の作業計画と部材のチェックをしたところ! あれ、足らんじゃ!

なんと、通しボルトの長さが足りなーい (--); そんなバカな。

通しボルトというのは、ログの四隅を長ーいボルトで締め付けて、強度を出すログハウスの脊椎ともいえる部材です。

本来2150mm必要なところ、2000mmのボルトが梱包されていました。

これがないと、軟体動物みたいなもので、台風が来たらバラバラになります。

輸入会社にフィンランドへ確認してもらったところ、梱包ミスらしい・・・(泣)

これから調達すると3週間・・・そんなぁ〜待っとれん。

だったら、造ればいいじゃん!

グラインダーで余分なボルトを切断して、高ナットでボルトを長くすることにしました。


ここで、また問題発生。

ログ壁には10mmのボルトを通す穴があいているがボルトの繋ぎに使う高ナットの部分が太くなるので、ログ壁の穴を大きくする必要あり・・・・

すでにトップまで積み上げてしまったログの穴を大きくするためには長ーいドリルが必要だ!

そんなの持ってないしー、ということで土台を作ってくれた大工さんに貸していただきました。

これです。↓
ミニログ造り
すげぇー、カッコーええ!!ジェイソンになった気分! チェーンソーじゃないけど(笑)

一般家庭に500mmのドリルはないよね、普通・・・

これで問題解決かぁ?! 


■11月10日・・・妻壁

ボルトの問題は高ナットの調達があるので、後回しにして今日予定の作業を完了しなければ!

妻壁(ミニログ最上部の三角形の壁)とリッジビーム(棟木)の積み上げを行いました。

この高さ(3m)になると、脚立のトップに立ってぎりぎり届く高さ。

足元に細心の注意をはらいながらの作業、気が抜けません。
ミニログ造り

ミニログ造り

やっとここまで来ました。想像以上にビームが出てますねぇ。。

ボルトの事もあって、予定より一日遅れています。(頑張らねば!)

明日は屋根部にとりかかります。 つづく。

ヒルズ珈房(かぼー)

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Others