こんにちは、オカケンです。

ミニログ造りの続きです。

昨日ファーストログ(一番目の壁板)を土台に固定しました。今日から、どんどん積んでいきます。


■11月7日・・・建具
ドアや窓の建具はある程度ログ壁を積んだら、枠の状態で上から差し込んで納めます。

建具は屋根の重みで絞まりますので、その後精度を出しますが、この段階で垂直を出しておいた方が最後がミリ調整で済みますので、下げ振り(赤い重り)で調整します。
ミニログ造りミニログ造り

建具は5ミリ傾いていると、ドアが枠に擦れて開閉できなくなるので、気を使う重要な作業となります。


■11月8日・・・ログ壁完成
コツコツと単調な作業になりますが、一段づつ垂直・平行出しを気をつけながら、ログ壁を積み上げていきます。

木材は長旅で反りがでているものもあり、隙間ができないよう120mmビスで下のログへ押さえていきます。(ログは木筋に正向きに弱いので割れない様に、ビスの下穴を開け、ビス打ちします。)

このあたりから、作業効率がグンと落ちました。

なぜなら、ログ壁が身長の高さとなり足場が必要となるので、一段毎に脚立を移動しては上り下りするため時間がかかりますし、かなりの重労働です。

二人ならもっと効率の良い作業ができるのでしょうが・・・ 腰痛持ちなので、この作業を想定して夏ごろからジム通いを始め筋肉をつけてきました。その甲斐もあってか、なんとか作業が続けられているようです。


■11月9日・・・問題発生!
この日は焙煎修行日なので作業はお休み。。。

今後の作業計画と部材のチェックをしたところ! あれ、足らんじゃ!

なんと、通しボルトの長さが足りなーい (--); そんなバカな。

通しボルトというのは、ログの四隅を長ーいボルトで締め付けて、強度を出すログハウスの脊椎ともいえる部材です。

本来2150mm必要なところ、2000mmのボルトが梱包されていました。

これがないと、軟体動物みたいなもので、台風が来たらバラバラになります。

輸入会社にフィンランドへ確認してもらったところ、梱包ミスらしい・・・(泣)

これから調達すると3週間・・・そんなぁ〜待っとれん。

だったら、造ればいいじゃん!

グラインダーで余分なボルトを切断して、高ナットでボルトを長くすることにしました。


ここで、また問題発生。

ログ壁には10mmのボルトを通す穴があいているがボルトの繋ぎに使う高ナットの部分が太くなるので、ログ壁の穴を大きくする必要あり・・・・

すでにトップまで積み上げてしまったログの穴を大きくするためには長ーいドリルが必要だ!

そんなの持ってないしー、ということで土台を作ってくれた大工さんに貸していただきました。

これです。↓
ミニログ造り
すげぇー、カッコーええ!!ジェイソンになった気分! チェーンソーじゃないけど(笑)

一般家庭に500mmのドリルはないよね、普通・・・

これで問題解決かぁ?! 


■11月10日・・・妻壁

ボルトの問題は高ナットの調達があるので、後回しにして今日予定の作業を完了しなければ!

妻壁(ミニログ最上部の三角形の壁)とリッジビーム(棟木)の積み上げを行いました。

この高さ(3m)になると、脚立のトップに立ってぎりぎり届く高さ。

足元に細心の注意をはらいながらの作業、気が抜けません。
ミニログ造り

ミニログ造り

やっとここまで来ました。想像以上にビームが出てますねぇ。。

ボルトの事もあって、予定より一日遅れています。(頑張らねば!)

明日は屋根部にとりかかります。 つづく。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒルズ珈房(かぼー)

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Others