こんにちは、オカケンです。

ネットショップの立ち上げ準備や営業など

なんとなくバタバタしていて、忙しくしていたのですが・・・

振り返ってみると大したことしてないんですよね。。。

んー、2月9月は動かない月なんですね。。。

そんな中、おいしい空気の下、美味しい物を作ってきました。

焙煎仲間と長野は山形村にケチャップ修行です。

なんでケチャップかって?

それはですね、山形村のトマトがブチ美味しいからなんですねぇ。。。

コーヒーは農産加工品です、農作物から食品に加工するケチャップ作りは、大変勉強になりますね!



なんだか、小学校の給食センターみたいですね。。
では加工手順をご紹介しましょう。



上の写真は各種材料を煮込んでいるところです。後ほどトマトに加えます。
材料はジャガイモ、玉ねぎ、ニンニク、とうがらし、ローリエ、調味料です。
それにしてもケチャップって、いろいろな食材が入ってるんですね。。。



山形村で採れたトマトを水洗いした後、沸騰した湯に入れ、皮に亀裂が入る程度まで煮込み、冷水で急冷します。これで皮が取れ潰しやすくなります。
次にフィニッシャー(脱水機みたいな機械)に入れ搾ります。



鍋に搾ったトマトを入れ、褐色防止に砂糖を少々加えます。
これで70度になったら火を落とし、別の鍋に移します。



最初に仕込んだ材料を加えて1時間焦げ付かないようにコトコトと煮込みます。
最後に酢とオールスパイスを加えてできあがり。



減菌した保存瓶にケチャップが熱いうちに充填、キャップをして完成です。
今回、天候不順でトマトが例年ほど取れなく、計画の1/3の出来上がりでした。
そこで、おまけ作業として、豆腐作りと胡椒味噌作りも挑戦してきました。



写真は胡椒味噌です。山形村特産のバナナピーマン(唐辛子)と麹・醤油・砂糖を煮込んだスパイシーなお味噌です。野菜スティック添え、茄子味噌などピリ辛で香ばしく、激旨です。
昨年少しだけお分けしたご近所の皆さんに大好評で、既に予約がいっぱいなのですが・・・3か月ほど寝かせた方が美味しいのでちょこっと我慢です。



写真は豆腐作りの途中、豆乳が出来上がったところです。

香辛料のきいたケチャップはピザトーストやナポリタンに最高です。
こちらは、ヒルズ珈房玉川学園店で9/22から限定販売の予定です。

11月には、信州の甘いリンゴで作る無添加ジュースを予定です。こちらも既にバックオーダーが入っているほどの人気商品です。お楽しみに!

・・・・ 一応コーヒーも売ってます(笑)

昨年のリンゴ物語はこちらです。
http://blog.hillscabo.com/?eid=12


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒルズ珈房(かぼー)

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Others