こんにちは、オカケンです。

朝晩は涼しくなってきましたね。。。でも日中はまだ残暑きびしい。。。

今日、近所の公園ではセミの大合唱でした。

心なしか「今しかないんだ!」って叫んでいるような

鳴き声で頑張れ~と応援したくなってしまいます。


さて、夏・初体験の工房ですが

2日に一度の割合でコーヒー豆の焙煎をしています。

計画焙煎は、早朝の涼しい時間帯に焙煎しますが

豆が足りなくなると日中でも釜に火を入れる事があります。

気温30度で釜に火を入れると、スポットクーラーを

使用していても作業場は40度超!

そんな時は水分補給を欠かさず、熱中症対策をしながらの

作業です。豆自体も気温が高いと細胞が緩んでいる

こともあり、冬場に比べ火の通りが良くなります。

五感を研ぎ澄ましての作業、3時間も続けて焙煎すると

ヘトヘトです。(まだまだ修行が足らんですね・・・・)





私の愛機(焙煎機)はコーヒー大好きな職人さんの

手作りで、このクラスの業務機としては、大変精度が

高く、機能的でデザインも気に入っています。


そんな、マシンも適当に面倒を見て上げる必要があります。

オイルを注すのは日常作業ですが、コーヒーの生豆を

焙煎する過程で出るチャフ(薄皮)や油脂が、焙煎機の

各所にタール状にこびりついてきます。

これを適時、取り除かないと作業に支障が出てくるのです。

【クリーニング前】

この写真はダンパーと呼ばれる、排気調整を行う装置で

上の写真で赤い胴体部分の上に小さなダイヤルが

見れますが、それを取り外したところです。

生豆を煎る事で出る水蒸気やスモークを排気したり

釜内の温度を調整します。

操作はダイヤルを左右に回すのですが、回転角度が

1度変わるだけでコーヒーの香味に影響がでてきます。

焙煎中もっとも気を使う装置です。

タールが付着すると、その1度の操作が難しく

なってきますので、定期的にクリーニングを行います。

【クリーニング後】


そのほか、ブロワーや煙突掃除も定期的に

行います。 職人さんが手塩にかけて作った

マシン、それに息を吹き込むのが私の役目です。


早いものでもう9月ですね。

私の夏休みの宿題はまだ終わっていません(汗)

今週から稼働率を上げねば・・・・(焦)

関連する記事
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒルズ珈房(かぼー)

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Others